キャンツー(山陰方面)2

9/8

IMGP0233 聖湖キャンプ場(無料)

ここは素晴らしい。無料なのにこれだけの設備、十分過ぎる。この辺りはキャンプに適した無料のキャンプ場が多い。他にも近くで無料の良さそうなところで二川キャンプ場に立野キャンプ場。また来れるなら行ってみたい。天候が残念だったけど、晴天だったら最高だったと思う。

IMGP0236 日が完全に明けるまでは待てないので出発。

これが無料とは、驚きだ。

この時にはあまり感じなかった朝もやが。県11号で朝もやのかかるオレンジ色の電灯のトンネルに、その先の朝もやのかかった林道のような道の杉の合間に見える影が背中をゾクッとさせる。霊感はないが嫌な感じだった。岐阜の県89の北側についで通りたくない認定、二番目、広島と島根の県境の県11。(怖くて停まれなかったので写真は無し)

IMGP0242 途中、何処かの、もやの中か、雨雲の中か。

これだけもやか雨雲かかってる以上、どの三瓶山か(さんべさんと読む、さんびんやまと間違えて覚えてた)わからいが、見えないと思いきや、

IMGP0246 …すぐ後ろに灰色な雲がいるが何とか手前の三瓶山が。

それ程、高い山ではないが、それでも走るにはいい雰囲気の道。

ここからはひたすら大山(だいせん、これもおおやまと読み間違え)目指して、前回来た時には南から東側を走ったので今回は北から西側を目指す。

IMGP0247 大山の近くだったと思う。

あまり見たことのない山並み。ナビに記載されてたが、何て山だったか忘れた。

IMGP0251 これも何処かその辺り。

好きな雰囲気の道。

県44号→県30→県158→この辺りで通行止めに合い、回り道中にこれ。

IMGP0257 もう少しで完全に覆われそう。

今日は朝から合羽を着て出発し、晴れて脱いで、移動中に降り出して合羽、また晴れて脱いで、移動中に降り出して合羽、そしてここでも脱いで後悔。この後、もう一度、合羽。広島→島根→鳥取→岡山に行くまでに天気がころころ変わった。山から山を目指したというより雨雲を追いかけた感じ。

このバイクは停まりにくい、足が届かないから。でも何処でも行けるのでつい行ってしまい後悔することも多い。

IMGP0256 この先は階段。(バックさせるのに疲れた)

上りは坂でつい行ってしまった、いい景色が見られそうで。HDなら絶対行かない、バックするのも大変。立ちコケ覚悟でなきゃ。でも、こやつは下がれる、しんどいけど。それに立ちコケの心配もない。

※防水靴下(SealSkinz – Mid Weight Mid Length)の弱点。降雨走行を長時間すると防水性の高いブーツでも浸水してきて中に水が貯まる。通常の靴下なら外温が余程低くない限り、いいか悪いか別として体温で少しずつブーツ内が乾いていく。が、これ履いてると浸水した雨水は逃げ場がなく、ずっとブーツの中は濡れたまま乾かない。ブーツが自然に乾くくらいの季節か雨天でも1泊2日程度の時でないとブーツにはよくなさそう。

つづく

広告

キャンツー(山陰方面)2」への4件のフィードバック

  1. momozo

    個人的に若い頃と違うのは・・・濡れるのを極度に嫌うようになりました(笑
    そんなわけで、自分はブーツカバーが必須ですね。 
    ちょっと荷物になるけど、雨走りには無くてはならないものだす(笑

    1. 弾正 投稿作成者

      濡れると面倒ですしね。
      HDの時にブーツカバーで引っかけて立ちコケしてから使ってないです。
      立ちコケだけは避けたいですし~。(笑)

  2. さち

    最近、週末はお天気に恵まれませんね。
    新緑がキレイなのでしょうね。
    これで青空だったら!!
    寒くなってきたので、風邪をひかないように気を付けてください。

    1. 弾正 投稿作成者

      そうですね、折角ずらしたのですけど、天候もずれました。(笑
      今からは乗りたくなるシーズンですよ~。

コメントは受け付けていません。