紅葉キャンツー1日目(飛騨)

国304→国158→国360。
国360の入口の方、道幅が狭い区間が、より紅葉がきれいだった。
国360からは県75(下子鳥ダム沿い)を抜けて県471(国41に沿い)を南下して、高山市街地を抜けて国361へ。


時間があれば国361の長峰峠でイワナの塩焼きをと思っていたが、下道で移動した分、時間が掛かったので直にキャンプ場に向かう。
国361から県39に入って直ぐに時間規制の通行止めがあり、12:00から13:00が時間に余裕があると聞いていたので、その時間を目指した。


確かに他は10分しか合間がないな。
無事、今日の泊りキャンプ場、飛騨たかね野麦オートビレッジに。

…。
誰もいない。
電話掛けようにも電波届かない。(w
少し山を下りて連絡。
入口で待機。
他に誰もいないような気がする。

サイト案内見る限り電源サイト15、電源無しサイト75(約)、電源サイトは受付の傍に集中してるな。
電源無しサイトは中央より奥、西側。
受付の時に金額を聞くが店主じゃないのでわからないと。
店主っておばちゃんの旦那さんみたい。
あとで来るから先に設営しててのこと。
少し不安。
菅平までいくことはないやろう。
あそこは高かった~。
ま、人気もあったしね。
ここは、今日、私一人の様子。
暇そう。
…逆に高かったりして。
オートってつくもんな~。

設営中、おばちゃんが見回りにきた。
客、私だけしかおらんのにね…。
寒くなりそうなので薪をもう一つ頼んでおいた。


初張り参天「ニーモペンタライト」と、初張りタープ「ENO プロフライレインタープ」。
使用感は後日。

設営後、木祖村の中心街に買い出しに向かう、近辺は何もないし。
モタモタしてるうちに15:00近くになり、この辺りは山間で17:00には暗くなるそうなので、急いで帰りたいところ。

時間がないのにまたまたモタモタと。
県39を北上し野麦峠を超えて県26を南下して中心街に向かう。
ん~、信州素敵~。
信州の道はもう、最高、緩やかに走るに最適。
途中、道路工事を何箇所かしてたけど、また日を改めて走りたい。

陽が傾いてきたので急ぐ。
急ぎたいけど、西日が眩しい。

到着後、やっと金額を提示された。
電源サイトに張ってるから~って受付の周りだけじゃないのかよ~。
赤事の番号の所は電源サイトで~、ってそんなもん誰もわからんし。
電源使わないと伝えた所、快く応えたくれたのはいいんやけど、電源無しなので4250円です、あと薪500×2で5250円ですって。
(マジで~、先に言えよ~、ってか、テント張るの待ってからじゃないよね~。)
ここも無いんやね、バイク料金が、菅平と一緒なパターンなんやね。
オートと付くところは気をつけなあかんね。

「薪残ったら置いといていいですよ~。」
「はい。(絶対、使い切ってやる~!)」
シャワーもね、あるけど、寒いけどどうする~?って。
…いらんな。

気を取り直して昼食兼晩飯。

サトウのごはんみたいな地域版のごはんにキムチ鍋。
お腹空いてたし、めっちゃ美味しい。
あんまり呑めないけど日本酒にした。
地元の木曽路だってさ。
寒くなりそうやしね。

夕方の5:59分で3.4℃。
薪を使い切ったら即、寝よう。
シェラフはダウンハガー#1持ってきたから寝るには暖かいはず。
そういえば、さっき、おばちゃんから味噌汁貰ったっけ。

…。
賞味期限、きれとるやん。

つづく

広告