ソロキャンツー(ふもとっぱらキャンプ場)

…。

見えません。(TдT)

あの雲の向こうにあるはずの…。

ふもとっぱらキャンプ場

8/8、7:00出発。

道のりは富山まで北陸道。

富山から国41だけじゃつまらないので少し大回りして国360→国471に出て、高山から国361。

国361良かったわ~。

H-D向きだと思う緩やかなカーブが多いし、車は少ないし楽しかったわ~。^^

そのまま南東に向かって伊那市の国152を北東に上がって諏訪市からビーナスライン行くこともなく。

中央道で甲府南まで。

80km制限なんですね、あの辺りの高速。

甲府南からは国358→県706、精進湖に寄り道して到着。

久しぶりのソロで…、珈琲セット忘れた。(-ω-;)

近くにサークルKがあったので、とりあえず間に合わせ。

天候も良くなる気配も無いし、色々忘れ物があるし、近隣に徘徊する気力も失せて18:00からの風呂(施設に風呂がある)まで、テントの中で読書。

 何やら怪しい雲がいっぱい…。

今日は幾つかの団体が入ってるようで19:00~22:00まで風呂が貸切になるらしく、19:00までか22:00以降にとのことだったので、18:00少し前に、管理棟の前にある風呂のある建物に向かう。

何やら、スピーカーで管理棟から言っている。

良く聞いてみると、

「空の状態が危険ですので車の中か建物の中に避難して下さい。」

…。

ちょうど風呂に向かってて良かったわ。

風呂の中で外の雷の音がデカいことに驚いた。

あんなの初めて聞いた。

それからはもう土砂降りも、物凄い勢いの土砂降り。

風呂から出て管理棟に行くまでの5mでずぶ濡れ。(´ε`;)

管理者から車を持ってて行って下さいのこと。

危ないので空が安定するまで避難用に使って下さいのこと。

ここまで酷い状態なのは年に一度か二度しかないそうだ。

ありがたい、助かる。

ってか、何故に今日…。

バイクで宿泊は私だけ…。

テントの中は悲惨なことになってた。

…雨漏り。( 」゚Д゚)」

たはは~、何処からか。

生地と生地の境目の様子。

縫い合わせが甘いのか…。
どうしようもないやないか。
1箇所やなくて4箇所から。
中のインナーを引っ張っている箇所4/5がOUT。
蔦ってくるのね~。

シーム材を塗ってないからのよう。
塗らないと雨漏りするのは普通にあり得ることのよう。
知らなかった。

塗ってあるようだ、けど…、それなりの物はそれなりね。

雨天には使えんね。

マットが半濡れ。

テント内の気温は22℃、良かった、凍え死なずに済んだ。

管理人の話だと小一時間で止むらしい。

確かに止んだ。

とりあえず、無理やり寝た。

 霜が降りた朝 右側が借してくれた車。

陽を待つ間に車を返しに行って、少し散策。

 トイレがある牛舎。

そして、これだ。

 これが見たかったんだ。

 富士山を背にして。

時間があればゆっくり見ていたいけど、そうもいかない。

帰りは松本まで中央道で松本から国158で安房峠を通って国471→国41の北陸道。

安房峠って楽しい道なんやね~、知らなかった。

また、ここを通ろう。

8/9、12:30に帰参。

…後片付けが大変でしたわ、ドロドロで、何もかも。

バイクの清掃は後日にしよう。(´ε`;)

広告

ソロキャンツー(ふもとっぱらキャンプ場)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ファミキャンテント…また考える。其の2 « 弾正伝

  2. ピンバック: ソロキャンツー(白馬アルプスオートキャンプ場) « 弾正伝

コメントは受け付けていません。